*

居住移転の自由

居住移転の自由【読み方:きょじゅういてんのじゆう】

日本国憲法第22条第1項で定められている自由権の一つで、人が生きる上での基本的人権の一つ。

人は公共の福祉に反しない限り、海外への移転も含めて、どこに居住しても、移転(引っ越し)しても自由であると明記されています。

日本においても旧来においては、住む場所を選ぶ居住の自由は認められておらず、身分差別などによって、住む場所も決められていた。

近代社会への発展により、居住の自由が認められ、職業選択の自由へも結びついていったとされます。

現代の日本では憲法において、居住移転の自由が認められていますが、例外もあるようで、以下のような人は自由にできません。

1.破産している人

2.懲役など刑事罰で拘禁されている人

3.警察官など特定の公務員として働いている人

PAGE TOP ↑