*

【基礎知識】一般家屋の建て替えの際 分離発注で解体業者を依頼するには

日本における現代人は生まれた住まいから動かずに一生を送るか、進学・就職・転職・退職などを経てどこかに移住するか、住まいを自由に変えることができる移転の自由があります。

住まいについては、持ち家派か賃貸派かといった考えがわかれるところで、賃貸物件で過ごした場合、賃貸不動産の会社とやりとりすることはあっても解体工事業者とやりとりすることはまずありません。

基本的には解体業者とやりとりをして建物の取り壊しを依頼したり、内装解体など改装を依頼するのは、建築会社や不動産オーナー、一軒家の持ち主になります。

建築会社に勤めるか、不動産オーナーになるか、持ち家を持てば、建物を建てたり、壊したりといったことをどの業者に頼むかということを考える必要が出てきます。

建築会社や不動産オーナーはなじみの解体業者がおり、いつも決まった業者に依頼していることが多いので、解体業者は主に業者向けに営業していれば良く、安定的に仕事を得ることができているようです。

その反面、一般人が解体を依頼したいと思ったときは、解体業者とはなかなかつながりがなく、建て替えの場合は、建築会社に解体工事も一括して依頼することになります。

最近では、一般の方でも分離発注で建築と解体を別々にお願いする例も出てきているようですので、ネットなどを使って情報収集をして、依頼してみるのも良いかもしれません。

解体費用と解体業者の選び方ならこちら

上記のサイトは京都の解体業者さんのようですが、一般の家屋の解体費用の計算方法などわかりやすく掲載されており、こんな業者には注意といった内容や業者の選び方まで一般人が業者に依頼する際の注意点が書かれています。

解体費用を安く抑えるにはどうすべきかという記載もあり、分離発注をして建て替えしたいけれど、解体業者とつながりがなく、知識もないといった場合は、とても勉強になります。

まずは、ネットで幅広く情報収集をして、解体工事を依頼しましょう。

2013/11/14 | 住まい全般

関連記事

no image

リフォーム業者の選び方【ネットで事前に情報収集・3つの重点チェック】

住宅の建て替えの際は、分離発注で解体業者と建築業者に分けて依頼するのが...

記事を読む

no image

ライフサイクルにおける住まいの重要性を考えていく

人は生れたときは親に育てられ、親と一緒に同居するのが一般的なことから、...

記事を読む

新着記事

no image

リフォーム業者の選び方【ネットで事前に情報収集・3つの重点チェック】

住宅の建て替えの際は、分離発注で解体業者と建築業者に分けて依頼するのが...

記事を読む

no image

ライフサイクルにおける住まいの重要性を考えていく

人は生れたときは親に育てられ、親と一緒に同居するのが一般的なことから、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑