*

ライフサイクルにおける住まいの重要性を考えていく

人は生れたときは親に育てられ、親と一緒に同居するのが一般的なことから、転勤が多い場合は頻繁に住まいが変わりますし、一軒家を購入して定住している場合は同じところに住むことになります。

日本国憲法にも書かれている通り、人には居住・移転の自由があり、大人になれば、自由に住まいを選択することができます。

一般的な考えでは、大学生等学生の間や就職したての頃は賃貸不動産に住み、結婚したり子どもができたりした場合に、新築・または中古の住宅を購入して引っ越したり、住み方も様々です。

また、一度家を購入すれば、数年・数十年後にリフォームをしたり、建て替えの場合は解体してから新築したり、人のライフサイクルにおいて、住まいについて考えることは重要なポイントであり、人生を大きく左右する決定でもあります。

そこで、住むことについて、様々な情報を収集してわかったこと、勉強になったことなどをどんどん発信していきたいと考えています。

2013/09/04 | 住まい全般

関連記事

no image

リフォーム業者の選び方【ネットで事前に情報収集・3つの重点チェック】

住宅の建て替えの際は、分離発注で解体業者と建築業者に分けて依頼するのが...

記事を読む

no image

【基礎知識】一般家屋の建て替えの際 分離発注で解体業者を依頼するには

日本における現代人は生まれた住まいから動かずに一生を送るか、進学・就職...

記事を読む

新着記事

no image

リフォーム業者の選び方【ネットで事前に情報収集・3つの重点チェック】

住宅の建て替えの際は、分離発注で解体業者と建築業者に分けて依頼するのが...

記事を読む

no image

【基礎知識】一般家屋の建て替えの際 分離発注で解体業者を依頼するには

日本における現代人は生まれた住まいから動かずに一生を送るか、進学・就職...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑