*

一級建築士とリフォーム

建物の設計・管理を職業である建築士、建築士法を拠り所として国家資格が与えられています。

一般に建築士とは「一級建築士、二級建築士及び木造建築士をいう」とされており、建築に関する高度な知識と経験が必要とされており、免許を受けた者のみが使うことを許されている名称です。

仕事の内容は、設計、工事監理、手続きなど多岐にわたり、建築物の設計は公共の安全に重大な影響をもたし、特に社会的責任が大きい仕事と言えます。

中でも一級建築士は、複雑高度な技術を要する建築物の設計・工事監理について必要な知識、技術、職業倫理が問われ、合格率10%前後の難関試験をパスしなければならない資格です。

 リフォームをしたいと考えたときに、どこに頼むべきか悩む方も多いようです。

設計事務所に頼むと高額で敷居が高いと考えている人も多いかもしれませんが、現実は少し違うようです。

一級建築士にしかできなし仕事もありますが、一般住宅のリフォームにおいても設計のアイディア・実務経験があることで、少ない予算で質の高い家づくりをし、満足いくリフォームを提供している会社もあります。

詳しくは実際に話を聞いてみて、一般のリフォーム会社と建築事務所の違いなど細かく聞いてみて判断してはいかがでしょうか。

一級建築士事務所でリフォームしている会社のご紹介

姫路のリフォーム 一級建築士住空間建築設計

ウェブサイトにはたくさんの事例があり、リフォームの参考になります。どんな家にしたいかイメージが膨らみます。

PAGE TOP ↑