*

一戸建て住宅の寿命・建て替えの時期

賃貸を選ばず、一戸建てを購入し、住宅ローンを返し終えたとしても、住宅の寿命があるもので、いずれ建て替えかリフォームか引っ越しかの選択にせまられることになります。

一戸建てを建てて住み始め、おおよその寿命としては、建物の材質にもよりますが、現在の建築基準法に沿った一般的な家はおよそ30年程度とされています。

外壁の塗り替えや内装の張り替えなど、細かなメンテナンスを繰り返し、住宅の手入れをしていく必要があります。

木造住宅などではおよそ50年もつと言われています。

その頃になると、建て替えをするのかリフォームをするのか、考えることになります。

構造部分の問題で大規模な工事が必要になるのか、ライフスタイルの変化にともなって間取りの変更が必要となるのか、こだわりたい部分がたくさんあり変更する箇所が多いのか、など希望をまとめて、建て替えが得かリフォームが得か専門家とよく相談して決定することをおすすめします。

PAGE TOP ↑